Tag Archives: life

真っ赤なGTI

先日奥さん用にSmartを新車で購入

で、満足していたのですが。。。

先週末、僕の乗ってる車を定期点検でディーラーに出してきました。
僕の車はこれ。
SAAB 93 4DR
注)僕の車ではありませんが、これと全く同じもの。

結構古い車(2000年)でしたが、お尻の感じとか、スカンジナビアンな感じが好きでした。

 

でも、なにせお金がかかるかかる。3ヶ月に一度の点検で平均800から1200ドルかかってました。色々壊れて、ホントに。

で、先週だした時も案の定、ACの電気系とエンジンフレームを直したほうがいいということで、、、計1300ドルでした。

 

1300ドルって。。。

 

とりあえずオイルチェンジだけしてもらって、直すのを躊躇ってました。
これでまたお金がかかるんだなーって。

半分諦めそうになったときに、目に入ったのがフォルクスワーゲンのディーラー。(ちょうどSAABの隣にあった)
少し奥さんと一緒に見てて、そこにひときわ目立つ、真っ赤なGTIがありました。

 

前に奥さん用の車を購入するときにGTIを試乗したことがあって、その時はどの車より乗りやすかったのですが、値段が高いのと奥さんの希望(もう奥さんはSmartが一発で気に入っていた)により断念していました。

今回は何の気なしで、それを見ていて、その時は購入なんて全く考えていなかったんですけど。。。

で、とりあえずリースでどのくらいなのかなーと思って聞いてみたら、前回に聞いたのよりすごく安くて。。。

まー、それでも全然高いんですけど。。
でも今の車をずーっと直し続けながら、いつ買い換えようかと悩みながら、また数年経っちゃうパターンは嫌だなーと思って。(軽く言い訳w)

奥さんはOKだったので、新車をリースしちゃいました。

こんな感じのヤツ。

dashboardがかっこいいよね。あと、ハンドリングが”ドライブ オン レール”って感じで少し硬くていい感じ。

しかし高かったー。少しだけ清水の舞台から飛んだ感じ。

RSU (Restricted Stock Units)とアメリカの賞与

今回はRSUというアメリカでの賞与のおはなし。

アメリカでは、RSU(制限付き株)というものを所謂ストック・オプションとは違ったものとして、社員に与えている企業があります。

この大きな違いは、こんな感じ。
• ストックオプションは株をある一定価格で購入する権利であって、株を購入しない限り利益も不利益も被らない。
• RSUは、一定の株自体を数年に分けてもらう権利で、実際にキャッシュバリューがある。

このようにストック・オプションは株の価値が上がったら、実際にその株を買って、それを売って、現金を手にできます。
その反面、RSUは実際の株がもらえるので、数回に分けてもらえる株自体はすぐに売ることが出来ます。

これだけ見るとRSUのほうがよさげに見えますが、RSUは賞与に含まれてることが多いので、年収にも反映されます。
なので、仮に会社の株が30%落ち込むと自分のRSU分の年収が額面から30%おちることになります。

僕の場合は4年に分けてもらっています。
1年目に少し、2年目は少しを年に2回、3,4年目は少しを4半期ごと(年4回)にもらって、4年で100%すべてがもらえるようになります。ここでわかるとおり、会社を首にならないで4年間勤めることができたら全部上げるという形です。

1年目、2年目はこのように賞与が低くなってしますので、それをカバーするために、1.2年目だけうちの会社はサイニングボーナス(現金支給)というのがあって、入社時と2年目を迎えたときの2回、ある程度のボーナスが貰えます。

こうすると社員は4年間は辞められない。。。
最初は少ないけど、だんだん貰える額が上がっていって、3,4年目はウハウハ。
年間で数万ドル違うようになるので、なるべくRSUが全部もらえるまで頑張って首にならないように勤めないとってかんじです。

流動性の高いアメリカの雇用情勢で、このような賞与システムを「黄金の手錠」と呼ばれていてちょっとかっこいい笑。
どこにも行かないようにお金でつなぎ止めておいて、それなりのパフォーマンスを出すように仕向けるというはある意味、アメリカらしいやり方。

本当は税金のかかり方とか、海外での受取り方とかもっと色々複雑だとおもうけど、僕の分かる範囲で。

新しい車

2週間くらい前に初めて新車を購入しました。

Smartにしました。これと全く同じヤツ。

今回は色々悩みましたが、小さくて駐車しやすい車で、ほぼ奥さん専用車なので、奥さんがまず気にいるかが大前提。そこでMiniから始まりワーゲンのGolfGTI、AudiのA3、VolvoのC30と進み、ToyotaのPriusで最後にBenzでSmartを見ました。

最初はかなりMiniに惹かれてテストドライブ。でもその時に乗り心地が悪くて、MINIはパス。そのあと、他の車もテストドライブして、運転してて一番楽しかったのは断然GTI!運転しててアクセルの踏んだ感じとかハンドリングがちょっと固いところとかホントにツボでした。トヨタのプリウスは日本車って感じで全部が整ってて、静か。妥当な感じ。こんな感じの印象で最後のSmartの試乗でした。僕の印象だと、ブレーキの感じがちょっと嫌だったんだけど、奥さんがすごく気に入って即決でした。確かに小さいし、どこでも停めれるし。なによりそんなに高くないし。

最初は36ヶ月リースにすれば日本帰国するときに困らなくていいかなーと思ってたんだけど、車体価格が高くないし、買っちゃってもいいかなと思って、思い切って一括購入。

あと、リセールバリューが高いのも購入時に良いポイントになりました。

でも、今回の試乗で一番良かった車は、これ。

ベンツのC300。Smartの購入でリースの話をしていると、ディーラーの人がSmartのリースと同じ値段でC300をリースしてあげるとのこと。で、とりあえず試乗したんだけど、ものすごく良かった。全部が「シッカリ」してる感じ。ハンドルも重くないし、スムーズだけど重いものを運転してますっていう感覚。で、車内に音がほとんど響かないの。ほとんど揺れないし。

値段的にはすごく良かったんだけど、結局俺らっぽくないよねって事でベンツはナシに。なんかベンツって結構乗る人を選ぶ気がする。金銭的にどうこうよりは、似合うか似合わないか。で僕らは似合わないねって笑。

オーラがないね、僕らには笑。

Smartにはホント満足してる。すごく小回りもいいし、どこでも駐車できるし。ちょっとフリーウェイはしんどいけど。。。でも、それはそれでかわいいよね。いつも言ってるけど、完璧なものよりちょっとした弱点があるもののほうがすごく惹かれる。「これだけは負けません。でもそれはダメです」みたいな。

小さい車っていう意味では、どれにも負けない!笑

そうだ。近いうちにユーザビリティテストのメモを作らないと。今週中にまとめて公開します。もうまとめてあるから、社内wikiを日本語にすればいいだけなんだけどね。

アメリカでのボーナスとその税金について。

本日は新しい会社での初給料日でした。

で、僕は契約交渉の時にサイニングボーナスという、入社してくれてありがとうボーナスを貰える権利を付けてもらったので、それも合わせていただきました。

ぶっちゃけ言うとボーナスは1万ドルです。だいたい100万円くらい?かな。

やったーと思って明細を見たら、愕然としました。
税金というヤツを忘れていました。。。。

日本でもボーナスをもらったら、だいたい持って行かれて30%だと思います。(確か。。)

でも、アメリカはそうは甘くありません。。

約5000ドル持って行かれました。

半額!?って。

おい。

綺麗になくなりました笑。

国税でサクっと25%。州税が10%くらい。
あと、社会保障税とかその他もろもろでドンドンドンと12-3%くらいです。

いやいや、僕はどんだけアメリカに貢献すればいいんだか。
このお金でDMVというアメリカの免許センターの奴ら(酷く勤務態度が悪い)がご飯を食べてると思うと、本当に腹がたつ。

こんな感じで日々の小言も書いていこうかなと。

転職とブログ再開

この度、晴れて転職致しました。
会社はウェブトラフィックの会社で、担当部門はアプリケーション設計です。

ちゃんとした割と縦割りの企業に入って、色々な政治等もちゃんと経験しつつも、一線でデザインをさせてくれそうな会社という観点で選んだ結果、サンフランシスコに引っ越してきました。

会社はこんな感じの森の中のどこかです。

初めて真剣に転職活動なるものをしたけど、すごくいい経験になった。
自分のポートフォリオ作りを経て、色々な見えてなかったものが見えてきたし、履歴書を作って自分のキャリアの確認作業もできた。面接を経て、いい会社、尊敬する会社の多くの人に会えることができたし、多くの意見、提案、助言も頂きました。
デザインプレゼンの仕方をもう一度考えたり、年収交渉のやり方も考えることもできた。

あと、日本の会社にも実はアプライしていたんだけど、結局アメリカの企業にしちゃった。
やっぱり、雇用・労働環境がぜんぜん違うよね。アメリカはプライベート/ファミリーに咲く時間を本当に大切にする。
僕も基本6時退社だし。遅くても7時半には帰ってる。まー、年俸制だから残業代が出ないっていうのが大きいけどね笑。

というように、転職して、サンフランシスコに来たのを機会に当分フリーの仕事は辞めて、ゆっくり会社の仕事をしつつ、少し人生の仕事の時間をそれとは違う、「したいこと」に割こうと思い、手始めにブログを再開しました。

前はガジェットブログだったけど、今回はもっと日々の生活の日記的な感じにしようかと。