転職と完全帰国

この新しいブログを始めたとき、ちょうどサンフランシスコに引っ越してきました。

手短に言うと、転職が決まり、日本に完全帰国します。

SFに引っ越してきてからは割と安定した会社に転職して、ヌクヌクとアメリカライフを送ってました。

今の会社(A*****)はいいところで、会社の体系がスリムだから意思決定が速くて、仕事をする方としては、働きやすいし、ライフ&ワークのバランスがよく考えられていて、ほぼ残業無し。時間をかけての仕事ができるという僕にしたら天国のような環境。それなりに納得して色んなものを議論して制作できるから精神衛生的にもすごく良かった。
あと、お給料も割とよかったしねw

UIデザインというのは、ものすごく頭を使って、色んな人を巻き込んで作っていかないといけない、ということをたくさん学ぶことはできたけど、経験というよりメソドロジー的な要素が多くて、実践訓練での経験値がモノを言うところが少ない気がした。(それは予算があればの話で、予算がない場合は経験値が活きてくる。)

そこで考えたのは、5年後も同じことしてる気がしてならなかった。
会社は居心地がいいので、みんな辞めずに長年働いている人が多くて、上のポジションが結構ゴソッと固まっているから、その中に蹴落として入っていくのは無理に等しい。他にも今はデスクトップのクリエイティブしかないし、いつかはモバイルのプラットフォームもやりたいなーと。

このままだと5年後、35歳で同じことしてる。っていうことに不安を感じてるところにアメリカのある会社の日本支社でのディレクターポジションのお話が今年の夏頃来ました。

最初は結構迷っていましたが、せっかく声をかけて頂いたのでお話を聞いてみました。
するとモバイルマーケットのインタラクティブクリエイティブのArt Directorということで、完全に興味が合致。

会社自体はアドネットワークだけど、部署は元々インタラクティブファームだった会社なので、制作クリエイティブはバナーとかではなくてリッチメディアコンテンツをつかったプロモーション全般。オフィスにお邪魔したときにはインターナショナルクライアントばかりで世界に配信するワークがみれました。

まー、明らかに今の仕事よりは忙しいし、大変そう。
でも、それでも30代でできる新しい分野で経験を積めればと思ってるから、イバラの道を踏みに行こうかなと。

小さい理由が他にもあるんだけど、そんなところ。

SFに来てからゆっくりになった時計の針が急に速くなった感じ。
やりたいこと全部が人生でできるように、もうちょっと生き急がないと

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *